低用量ピルは正しく飲もう|低用量ピルとアフターピル、正しい知識を持って使い分けましょう

低用量ピルは正しく飲もう

青いカプセル

低用量ピルは常用することで生理痛の軽減や生理不順の解消、子宮内膜症の治療等を行う事も出来る経口避妊薬です。
しかし、服用方法を間違えてしまうと避妊にも失敗してしまいますし、その他の症状の治療を行うこともできない為、しっかりとした知識を身に着けて服用するようにしましょう。

低用量ピルには女性ホルモンに似た物質が含まれており、服用することで体内に充分な女性ホルモンがある状態と同じ状態を作り出し、脳が「今自分は妊娠している」と錯覚した状態を作り出します。
その結果、子宮内に受精卵が着床しにくい状態を作り出し、子宮内に精液が入りにくく身体が変化するのです。
また、継続的に服用することで生理不順の解消を行うこともでき、ピル内に含まれている物質によって生理痛などの症状を緩和する事も出来ます。
しかし、服用することで体内のホルモンバランスが変動するため、約一ヶ月から三ヶ月ほどの間軽い頭痛や倦怠感などの副作用を感じることもありますが、服用を継続していくことでその症状も徐々に治まっていきます。

服用時は月経開始日を1日目とし、その日から服用を開始する方法と、月経開始後初めての日曜日から服用を開始する二種類の方法があります。
日曜日から服薬を開始する方法は月経周期のコントロールのしやすさや薬の飲み忘れ・飲み間違いの防止がしやすい等の理由で人気があるそうですが、自分にとって最もコントロールしやすい方法を医師と相談の上、決定するようにしましょう。
またピルを服用し忘れた場合、一日であればあらためて服用することで避妊効果は元に戻りますが、二日連続して飲み忘れてしまった場合は効果がなくなってしまい、再度服用するには次の月経開始日まで待つ必要があります。
服用できない期間、妊娠のリスクは薬の服薬前と同じ状態になってしまうため、飲み忘れのないように充分に気を付けるようにしましょう。