手のひらの薬
青いカプセル

低用量ピルは正しく飲もう

服用方法を間違えてしまうとピルを飲んでも避妊効果がありません、また、服用後体に起こる変化や症状を把握することで不安を解消することもできます、正しい知識を身に着け、確実な避妊を行いましょう。

様々な薬

アフターピルは緊急時用

アフターピルは避妊に失敗した際に服用する、緊急用避妊薬です。その為、低用量ピルと比較すると副作用が強く、身体への負担が大きくなってしまいますが、避妊失敗後72時間以内に服用することで非常に強い避妊効果が期待できます。

状況に応じて使い分けよう

たくさんの薬

低用量ピルとアフターピル、どちらも名前は聞いたことがあるし、避妊の際に使用するというのは知っているけれども、どうして二つ分かれているのかはわからないという人は多いと思います。
確かにどちらも避妊の際に使用するという点は変わりませんが、きちんとした服用方法を身に着け、状況に応じた使い分けをしていかなければ薬の効果はなくなってしまいます。

まず、低用量ピルというのは避妊だけを目的に使用する医薬品ではなく、避妊「にも」使用できる薬です。
正しく服用することで生理痛や生理不順などを改善することができ、場合によっては子宮内膜症の治療に使用されることもあります。
そして、アフターピルというのは避妊を目的に開発された避妊薬で、性行為時にコンドームが破れて膣内で射精してしまった場合など、避妊に失敗した際に服用することで約99%の確率で避妊することができます。

また、アフターピルは非常に副作用が強く、生理不順や吐き気などの症状が出る場合があります。
そのため常用することは非常に危険なため、本当の緊急時にのみ使用するように。そして可能な限り服用する機会を減らすことができるように、常日頃から性行為時にはしっかりと避妊を行うよう注意を払いましょう。

笑顔の女性

オススメ記事

「低用量ピルとアフターピル、正しい知識を持って使い分けましょう」のオススメ記事です。